とがし博之 スポーツを通して秋田を元気に!
とがし博之 バレーボール大会

週間予定一覧を見る

お知らせ一覧を見る

 
秋田創生実現のための三つの柱
秋田創生実現のための三つの柱
安倍政権発足以来、我が国の経済は確かな回復を見せてきました。「経済の好循環」が緩やかにではありますが、実感できるまでになっております。秋田県においても明るい兆しが見えてきた今こそ、引き続き経済政策・成長戦略をさらに力強く押し進めることが重要です。わたくし、とがし博之は「秋田創生」を実現するため、三つの柱を軸に常に頑張って参りました。
一つ目は、中小企業・小規模事業者の支援です。中小企業に特化した支援策を着実に実行し、景気を回復させるため、力強く支援しております。二つ目は、再生可能エネルギーの活用です。「電気事業法改正」を受け、秋田港湾内の大規模風力発電は事業化されようとしている今、地元企業の参加・雇用の拡大に今後も努めて参ります。三つ目は農業の再生です。「まち・ひと・しごと創生法」の趣旨を踏まえ、秋田の特性を活かした創業の促進や事業の育成も図りつつ、魅力ある農業と地域コミュニティづくりを進めます。国益を守り、農業の所得向上にこれからも全力をつくします。
地方創生関連法案を成立させた今、国・県・市が同じ方向を向いて、皆様とともに知恵を出しあい、オール秋田で「秋田創生」の実現のため、全身全霊で取り組む覚悟です。
とがし博之 とがし博之 自民党秋田県会議員

とがし博之 プロフィール

昭和30年4月27日
秋田市太平の農家の次男として生まれる(62歳)

秋田工業高校定時制 秋田経済大(現ノースアジア大)を卒業

衆議院議員野呂田芳成の秘書(16年)を経て、平成7年に秋田県議会議員初当選。(以後、5期連続当選)
2期目から建設委員長、決算特別委員長、県監査委員、自民党秋田県連政調会長などを歴任。
平成21年8月、第62代秋田県議会議長に就任。

平成24年12月、第46回衆議院議員総選挙で秋田1区に出馬し、初当選。
平成26年12月、第47回衆議院議員総選挙で2期目の当選。
平成29年10月、第48回衆議院議員総選挙で3期目の当選を果たし、現在に至る。

衆議院議員 3期目

詳細はこちら
とがし博之

動画一覧を見る