ブログを更新しました。

秋田市新屋地区と市の中心部をつなぐ新たな道路橋「新川橋」の架け替え工事が完了し、晴天のもとで式典が開催されました!

昭和から57年以上が経過し、老朽化による大規模改修が必要となった新川橋の架け替え計画が動き出してから、平成26年に自民党道路調査会において穂積市長が橋の架け替え計画のプレゼンを行いました。

その熱意と行動が功を奏し、大規模な更新事業に集中的な支援ができる国交省の新たな補助制度が創設されました!
国の補助制度により秋田市の財政の紐を緩めることなく事業が進められたことは市長の手腕であると推察いたします。

また、橋の顔となる親柱には地元勝平小学校・川尻小学校の皆さんから揮毫していただいた名前が刻まれ、新たな橋として生まれ変わったことにうれしく思っております。

27日に共用開始を迎えますが、更に地域の生活や経済活動を支える道路橋として愛される事を願っております。