ブログを更新しました。

【CDCと防災省(仮称)など】 石破 茂 です。  一律10万円の定額給付への方針変更はあるべき方向だと思います。リーマン・ショック後の1万2千円の定額給付金は、金額が少なかったことと支払時期が遅くなったことであまり評価はいただけません…

石破 茂さんの投稿 2020年4月24日金曜日

石破会長のお話にありますように、現金給付の手続き簡素化のためマイナンバーカードのインフラ整備が進められております。
現在県都秋田市を中心に各市町村でも市民課の窓口でお持ちの個人番号が記載された通知カードをマイナンバーカードへ切り替える方が増えてきており、徐々に混雑してきているようです。

17年10月から皆さんに通知カードとして付与されてからマイナンバーの用途や必要性など周知不足により眠ったたままのご家庭が多かったと思われます。

実は19年6月に閣議決定された政府の「骨太の方針2019」では、「国や地方公共団体が実施する子育て支援金など各種の現金給付をポイントで行うことも視野に入れる」と明記されていることから、マイナンバー制度があらゆる事態に局面したときに国や市区町村からの現金給付のインフラとして今後活用が想定されていたということがわかります!

今回の現金給付に関しては、郵送による手続きとマイナンバーを活用したオンライン手続きの2種類とされておりますが、もし皆さんでマイナンバーカードをおつくりになるとお考えの方はまずはお早めに手続きをお願いします!

通知カードを紛失もしくは誤って破棄されてしまった方は、現物がなくても通知カードに記された個人番号はお住まいの各自治体市区町村で把握しておりますので、再発行しないままマイナンバーカードへの切り替え手続きも可能です。

【秋田市ホームページ マイナンバーについて】
https://www.city.akita.lg.jp/kurashi/mynumber/1004037.html

・通知カードを紛失した場合
https://www.city.akita.lg.jp/faq/mynumber/1011707/1011699.html

・市民課窓口(秋田市)
https://www.city.akita.lg.jp/kurashi/todokede-shomei/1018015/1018013.html